審美歯科

口元は目元と同様に、人の第一印象を決める大切な所。歯並びの良さや綺麗な白い歯は、相手に好印象を与えます。
そんな口元に歯並びが悪い、歯の大きさが揃っていない、歯の色や歯茎の色が悪い、入れ歯があわず食事がしにくいといった悩みはございませんか。そんな悩みに対し、歯の美しさに焦点を当て、美と健康のバランスのとれた理想の口元にする総合的治療を審美治療といいます。

白く歯!綺麗な歯並び!そして虫歯予防にも効果的!審美治療は見た目を美しくするだけでなく、機能性も兼ね備えた治療方法なのです。

補綴(被せ物)

補綴とは虫歯などの治療の後に歯にかぶせるものを指します。補綴物には金属やプラスティック、クラウンなど様々な種類があります。保険適用のものもあれば、保健適用外の補綴物もあります。

また、審美的な理由だけでなく歯茎との適合性など、使用する補綴により異なります。
当医院では患者様の状態にあった補綴物をご提案いたします。

●クラウン
クラウンとは、虫歯の治療で歯を削った後に歯全体に被せます。
一般的には「差し歯」や「被せ物」などと呼ばれています。

オールセラミック
クラウン
白くならない歯や、虫歯などに侵された歯の外側を削り、そこに金属を一切使用していない人工材料で作ったクラウンをかぶせる治療方法です。

一般的な金属製の歯を使用した場合、金属によって歯肉の色が変わってしまう事があります。しかし、オールセラミッククラウンは金属を一切使用していないので、歯肉の変色は起こりません。また、金属アレルギーを引き起こす心配もなく、歯を白くしたり、歯並びを整えることもできます。

歯の色も天然歯とほぼ同様の光の透過性を持っている為、前歯など審美性が重要な部分の歯の治療にお勧めです。
メタルボンドクラウン
メタルボンドとは中身は金属で、外から見える部分にのみセラミック(陶器)を貼り付けたクラウン(被せ物、差し歯)です。見た目が良く変色せず、強度も強いので非常によく使用されます。
ゴールドクラウン
金合金で作られています。金合金はしなやかで歯との適合性もよく、天然歯に近い硬さで噛み合う歯を傷めませんし、歯茎との境目も黒くなりません。噛む力の強い奥歯での使用に向いています。金属もほとんど劣化することがありません。

●インレー
インレーとは、虫歯の治療時に使う歯の詰め物のことです。通常、虫歯の治療時には保険適用の場合だと銀色の金属の詰め物を使いますが、保険適用外のハイブリッドセラミックインレーやゴールドインレーを使うと、詰め物も白くすることができます。

ハイブリッドセラミックインレー
ハイブリッド・セラミックスは、硬い材質であるセラミックに粘りのあるレンジを混ぜ合わせることによって、セラミックの持つ審美性と耐久性、硬質レジンの操作性をあわせもったものです。

噛み合う際に、対合歯に優しく、天然歯と同じように磨耗するという特徴があります。金属で詰め物していた箇所や、口をあけたときに奥歯の銀歯が見えてしまうのが気になる方にお勧めです。
ゴールドインレー
金合金や白金加金で作られ、これらの貴金属は非常に錆びにくいため、保険の金属の問題点であった金属の溶け出しによる二次的な虫歯、歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが解消できます。

●ラミネートベニア
歯の表面を少しだけ削りその上に貝殻状のセラミック(つけ爪のようなものです)を接着させる方法です。
変色している歯の色の改善や小さな範囲の歯並び改善、隙間が開いた歯の修復、歯の形態の改善に用いられます。また、セラミックのみ用いる治療方法のため、非常に見た目が良くなり、歯垢がつきにくいのが特徴です。歯の表面を薄く削るだけなので、歯にかける負担は少なく、痛くありあません。短期間・簡単な治療で済むことが多い治療方法です。

当院の審美歯科へのこだわり

●徹底的に患者様のご希望をお聞きいたします。

当院では初診から治療終了まで様々な段階で、専用のカウンセリングルームを用いて患者様のお話をお伺いする時間を設けております。治療用チェアの所で落ちつかない状態のまま今後の治療の話を聞いていただくのではなく、緊張しない、あわただしくない空間で、どの治療をしていくのがあなたにとって一番良いかの話を聞いていただき、その上でベストな治療選択肢を一緒に考えて決めていきたいと考えるからです。

実際にこのようなカウンセリングを行っていると、「よくこんな説明や話を聞いたことがない」とか、「今まで先生から説明を聞かず、言われるがまま治療が淡々と進んでいった」という方もおられます。

確かに歯科医院では相談や説明の時間が取りにくいのが現状です。これは、カウンセリングをする時間の分だけ人件費が余分にかかるからです。

ですが当院では、患者さまが納得いただけるまで何度でもお話をお伺いするというこだわりをもってカウンセリングを行っております。 患者様に少しでも高い満足度の治療を提供する。

そのため患者さんの気持ちや思いを聞き出すことがとても重要だと考えています。


歯科治療を行っていく上で、患者様がどのような状態が理想的な状態と考えているかを知る必要があるのです。例えば、一生に何度もないマイホームを建てる際に、「お任せします とは言わないでしょう。これくらいの広さで、これくらいの高さで、こういう素材を使いたいというたくさんの選択肢があります。歯の治療も同じようにたくさんの選択肢があります。それを幅広く駆使して良い治療を提供したいというのが私たちの想いです。 「こんなこと聞いていいのかな?」 「歯科のことなんて全く知らないし・・・」 「お金の話なんて嫌がられるかも」 そんな悩みは一切いりません。何でもご相談ください。私、院長に伝えづらいことであれば担当の衛生士に、衛生士に伝えづらいことであれば受付のスタッフでも構いません。 患者様とひやま歯科クリニックのメンバー全員で患者様の理想の状態に向かっていきましょう。

●マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いた精密治療を行っています。

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)は、歯の根の治療で細菌によって汚染された部分を取り除く場合や、虫歯の治療で健康な歯質を傷つけずに済むように、虫歯の部分のみを0.1ミリ単位で削る場合など非常に精密さが求められる治療に用いられます。
マイクロスコープを導入することで肉眼では治療不可能であった精密な治療が行えるようになりました。
医療先進国であるアメリカやヨーロッパではマイクロスコープを使用した治療が当たり前になっています。

しかし日本はというと…
まだ日本全体の歯科医院の2~3%しかマイクロスコープは普及していないというのが現実です。
ただマイクロスコープは導入して、すぐに使いこなせるわけではありません。 各種セミナーに参加したり、診療後も訓練を重ね、 はじめて使いこなすことができるようになります。
実際治療を行うと、今までどれだけ経験に頼っていたかが良く分かりました。 今まで頑張っても見えなかった歯の根っこの奥が、 指の先くらいまで拡大して見えるのです。

これにより、例えば細菌の取り残しがなくなったり、虫歯と健康な歯との境界線がはっきり分かるので、 健康な歯質を傷つけずに済むようになります。

また虫歯を削った後に精度の高い詰め物やかぶせ物で修復することができれば、虫歯の再発のリスクを極限まで抑えることができます。 つまりこれは歯の寿命に大きく関わってくるのです。 マイクロスコープの使用により、安全で精度の高い患者様にとってベストの治療を提供できると自負しています。

●専属の技工士がオーダーメイドの技工物を作成します。
・ひやま歯科クリニック専属技工士の挨拶
皆さん、はじめまして。 ひやま歯科クリニックの技工を担当しておりますラボラトリー1TEN0の西村拓也と申します。ホームページをご覧いただいている熱心な皆様方に、この機会を通じて、普段患者さんが見ることのない世界「歯科技工所」のご紹介をさせていただきます。

・想い、コンセプト
歯科技工士の仕事とは、歯医者さんからお預かりした歯型などの情報を元に、歯をオーダーメイドで作ることです。
それは時に陶芸家の様にセラミックを操り、彫刻家のように歯をかたち作り、画家のように複雑な色づけもしますし、町工場の職人のように金属や樹脂の加工も行います。
アーティストの感性と職人としてのこだわりを大切にしております。
楽しい食事やおしゃべりなど、笑顔の瞬間はもとより、ピンチのときに歯をくいしばる時も常に共にあり、特別、他人に自慢して歩くわけではないが、無くては困る・・・そんな信頼できる相棒のような歯をお届けしたいと、日々、技術の向上に努めております。

・歯科技工士 西村のこだわり
歯科医院で歯の治療を進める中で、歯を抜いたり削ったりして失った部分を、何らかの材料を用いて、もともとあった歯のように回復させる必要がでてきます。
専門的にはインレーと呼ばれる“つめ物”や、クラウンと呼ばれる“かぶせ物”を指します。 歯型をとったものから、はじめに模型を作ります。この模型作りから、今後、よりよいものを作るためのこだわりがあります。模型をつくる石膏、その後の作業で使う石膏、すべてにこだわりを持って使っております。いいものでも使い方によって悪いものとなってしまいます。いいもののその特性を活かせるこだわりをもっています。
模型が出来上がった後には、その模型とこれから作製する“つめ物”“かぶせ物”がぴったりするよう適合に徹底的にこだわります。これには、技工用の顕微鏡を使用しています。適合にこだわった後には、次に形態にこだわります。同じ部位であっても、患者さんによって形態は異なります。その患者さんにマッチした形態を作り上げます。そして、最後は、色です。色のガイドは30種類ありますが、それですべての色を出せるわけではありません。透明感、自然な感じにこだわり、細かい色を作っていきます。
必要な場合は、患者さんのお口を見せていただき、色を作り上げていきます。 ここまでこだわりを持って作製している、セラミックはとてもおすすめの材料と自信を持って言えます。 だからこそ、私は、ぜひともよりよい選択で、お口の健康を取り戻していただきたいと考えております。

患者様の体験レポート
クレジットカード
TEL:044-299-2330
ひやま歯科クリニック採用専門ページ
メール相談室
イベント紹介
メディア掲載
滅菌器導入
一般歯科 小児歯科 夜だけの矯正

お口の総合検査歯科ドッグ

患者様の体験レポート
患者様の体験レポート
スタッフブログ
院長ブログ
予約について
クレジットカード